失敗しないレンタルサーバーの選び方|利用歴20年以上のエンジニアが徹底解説

レンタルサーバーを提供する会社は多々あります。しかも各社が様々なプランを揃えているため、これからブログやホームページを立ち上げるにあたりレンタルサーバーを探している方はどれを選べば良いのか迷ってしまう事だと思います。

ぼくがレンタルサーバーを20年以上使い続けて分かった事は、レンタルサーバーは性能や評判・口コミだけで選ぶと後悔するという事です。

レンタルサーバーを紹介しているブログやWEBサイトを見るとサーバーのスペックだとかページの表示速度といった情報で評価している事が多いのですが、正直なところサーバースペックや表示速度はそれほど気にする必要ありません。

というのも、レンタルサーバーは複数の利用者でシェアしているので、同じサーバーを使っているユーザーがどういう使い方をしているのか(pvの多さ・重たいアプリを動かしているか、等)、また時間帯によってページの表示速度が変わるのでレンタルサーバー間で比較しても意味がないからです。

それよりもレンタルサーバー会社が提供している機能(バックアップなど)やサポート体制、目的に合った価格と長期運用を考慮したランニングコストを気にした方がレンタルサーバーを選んだ後の満足度は高くなります。

注目

レンタルサーバー選びで重要なのは目的に合った価格や機能、サポート体制、ランニングコスト

WordPressが使えるレンタルサーバーを価格でランキング

レンタルサーバーを利用する上で最も重要なのは毎月のランニングコストでしょう。レンタルサーバーは長期的に利用するものですから、わずかな価格差が後になって大きな差になってきます。

また、CPUやメモリ、ストレージサイズも十分でないと後になってプランを変えたり他社に乗り換える必要がでてきます。

そこで、現役エンジニアがが価格や機能を徹底的に比較しました。これからレンタルサーバーを利用しようと検討している方の参考になれば幸いです。

ワードプレスを利用できる一番安いプランでランキングしています

1位【月額220円~】ロリポップ!

【公式サイト】https://lolipop.jp/

プランライト
費用220円(36ヶ月契約の場合)
440円(1ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間10日間
vCPU/メモリ非公開
ストレージ200GB
データベース1個

ワードプレスを利用できるレンタルサーバーで最も安いプランを提供しているのはロリポップ!です。

ロリポップ!はさくらのレンタルサーバと並んで初心者の方に人気のあるレンタルサーバーです。驚異的な低価格設定ながら初心者向けの小規模サイトから業務用途の大規模サイトまで対応しているレンタルサーバーです。

ロリポップ!は月額220円からWordPressでWEBサイトを公開できます。WEBサイトの人気が高まったらプランアップすることによってサーバー性能を上げていくことも可能です。

10日間の無料お試し期間もあるので、まずは試しに使ってみて使いやすさを確認してみるのも良いでしょう。WordPress利用満足度No.1のレンタルサーバーですから、これからレンタルサーバーを使ってみたいという初心者の方にはロリポップ!が最適です。

» ロリポップ!を10日間無料体験する

ロリポップ!のおすすめポイント
  • 10日間の無料お試し期間
  • WordPress高速化技術
  • 初心者から上級者・業務利用まで対応
  • WordPress利用満足度No.1 ※日本マーケティングリサーチ機構調べ

2位【月額275円~】minipop

【公式サイト】https://minipop.hosting/

プランミニプラン
費用275円(1ヶ月契約)
初期費用1,650円
無料お試し期間10日間
vCPU/メモリ2コア/4GB
ストレージ50GB
データベース1個

minipopとにかく安くアダルトサイトを運営したいという方に最適のレンタルサーバーです。

「ミニ プラン」と「ビック プラン」の2種類を提供していて「ミニ プラン」は月額250円(税抜)から利用できる格安のアダルト対応レンタルサーバーです。とにかく安く利用できるので、アダルトサイトを始めてみたいという初心者の方に人気があります。

ただし格安な分だけサポートは期待できないため、ある程度ITスキルのある方が利用することをおすすめします。まずは10日間の無料お試しで使い心地を試してみると良いでしょう。

» minipopを10日間無料体験する

minipopのおすすめポイント
  • 10日間の無料お試し期間
  • 業界最安値のアダルトサイト対応レンタルサーバー

3位【月額425円~】さくらのレンタルサーバ

【公式サイト】https://rs.sakura.ad.jp/

プランスタンダード
費用425円(36ヶ月契約の場合)
524円(1ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間2週間
vCPU/メモリ非公開
ストレージ300GB
データベース50個

さくらのレンタルサーバはロリポップ!と並んで初心者の方に人気のあるレンタルサーバーです。老舗のさくらインターネットが運営する安心感と手頃な価格設定でとても人気があります。

さくらのレンタルサーバを使えば月額425円からWordPressでWEBサイトを公開できます。WEBサイトの人気が高まったらプランアップすることによってサーバー性能を上げていくことも可能です。

初心者に人気があるといってサーバー性能が落ちるということはなく、”ビジネスプラン”以上になると業務利用にも耐えられるレンタルサーバーですから安心して利用できます。

» さくらのレンタルサーバを無料体験する

さくらのレンタルサーバのおすすめポイント
  • 2週間の無料お試し期間
  • 最低利用期間なし
  • さくらインターネットが運営する安心感
  • ハイスペックなサーバー性能
  • WordPress高速化技術
  • 初心者から上級者・業務利用まで対応

4位【月額493円~】ConoHa WING

【公式サイト】https://www.conoha.jp/

プランベーシック
費用493円(36ヶ月契約の場合)
1,210円(3ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間なし
vCPU/メモリ6コア/8GB
ストレージ300GB
データベース無制限

ConoHa WINGはエックスサーバー同様に高性能なサーバーを採用し、高速化技術技術を惜しみなく投入しています。

リソース保証が必要な場合は”リザーブドプラン”を選択するとCPUやメモリーのリソースが保証されたサーバーを利用することができます。

データの自動バックアップ機能により14日間分のデータが保存される点も安心できます。

mixhost、ConoHa WING、エックスサーバーを比較すると、WordPressの表示速度はConoHa WINGとmixhostが優れた結果を残しました。アクセスが集中してサーバーに負荷がかかった状態ではエックスサーバーに次いで高速に処理を行うことを確認しています。

» ConoHa WINGでWEBサイトを公開する

ConoHa WINGのおすすめポイント
  • 初期費用無料
  • 最低利用期間なし
  • ハイスペックなサーバー性能
  • WordPress高速化技術
  • リソース保証可能な”リザーブドプラン”を利用可能
  • 14日間の自動バックアップ機能

5位【月額528円~】カラフルボックス(ColorfulBox)

【公式サイト】https://www.colorfulbox.jp/

プランBOX1
費用528円(36ヶ月契約)
792円(1ヶ月契約)
初期費用0円 ※3ヶ月契約以上
無料お試し期間30日間
vCPU/メモリ1コア/2GB
ストレージ150GB
データベース無制限

カラフルボックス(ColorfulBox)はエックスサーバー同様に高性能なサーバーを採用し、高速化技術技術を惜しみなく投入しています。

また、14日間分のデータを自動的にバックアップしているので、万が一のデータ消失でも簡単に復元できます。

そしてカラフルボックス(ColorfulBox)はアダルトサイトにも対応している数少ないレンタルサーバーのひとつです。アダルトサイトに対応しているレンタルサーバーの中では「mixhost」に並んでトップクラスのサーバー性能を誇りますから、アダルトサイトの運営を考えている方にもおすすめできるレンタルサーバーです。

「mixhost」と比べると値段は少し高いのですが、その代わり24時間体制でサポートを受け付けており電話でのサポートにも対応しています。手厚いサポートが必要な場合はカラフルボックス(ColorfulBox)がおすすめです。

» カラフルボックスを30日間無料体験する

カラフルボックス(ColorfulBox)のおすすめポイント
  • 30日間の無料お試し期間
  • ハイスペックなサーバー性能
  • WordPress高速化技術
  • アダルトサイト対応
  • 14日間の自動バックアップ機能

6位【月額550円~】JETBOY

【公式サイト】https://www.jetboy.jp/

プランミニ
費用550円(12ヶ月契約)
748円(1ヶ月契約)
初期費用550円 ※3ヶ月契約以上
無料お試し期間14日間
vCPU/メモリ2コア/4GB
ストレージ100GB
データベース3個

JETBOYはアダルトサイト対応のレンタルサーバーとして有名で、mixhostやカラフルボックス(ColorfulBox)と比べると手頃な価格で利用できる点が魅力的です。

JETBOYは手頃な価格で利用できるもののサポート体制は期待できないため、技術的なサポートを必要とせず自己解決できる方におすすめです。14日間の無料お試し期間がありますから、まずは実際に使ってみて使いやすさなどをチェックすると良いでしょう。

JETBOYのサーバー性能は高くスケールアップも簡単なので、低価格で高性能なサーバーでアダルトサイトを運営したいという方には最適なレンタルサーバーです。

» JETBOYを14日間無料体験する

JETBOYのおすすめポイント
  • 14日間の無料お試し期間
  • ハイスペックなサーバー性能
  • いつでも簡単にスケールアップ可能
  • WEBサーバーに「LiteSpeedエンタープライズ」を実装 ※Apacheの3倍の応答速度
  • アダルトサイト対応

7位【月額693円~】エックスサーバー

【公式サイト】https://www.xserver.ne.jp/

プランスタンダード
費用693円(36ヶ月契約の場合)
1,320円(3ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間10日間
vCPU/メモリ6コア/8GB
ストレージ300GB
データベース無制限

エックスサーバーは多くの大手ブログサイトでも採用実績の多いレンタルサーバーです。

最新のハイスペックサーバーとPHP高速化技術、それにKUSANAGIによりWordPressを高速に動作させることができます。また、Xアクセラレータ ver.2による高速化技術によりキャッシュをしない状態でもPHPが最大20倍、WordPressは最大10倍高速に動作します。

リソース保証を標準で備えているので、他のユーザーにサーバーリソースを占有されるといった心配がありません。また、14日間分のデータを自動的にバックアップするので万が一データを消失しても復元することができます。

mixhost、ConoHa WING、エックスサーバーを比較すると、WordPressの表示速度はmixhostやConoHa WINGの方が優れていますがアクセスが集中してサーバーに負荷がかかった状態ではエックスサーバーが最も安定して高速に処理します。比較調査を行った結果は以下の記事をご覧ください。

» エックスサーバーを10日間無料体験する

エックスサーバーのおすすめポイント
  • 10日間分保存の無料体験期間
  • ハイスペックなサーバー性能
  • Xアクセラレータ ver.2による高速化技術
  • リソース保証による安定動作
  • 14日間の自動バックアップ機能

8位【月額770円~】シン・レンタルサーバー

【公式サイト】https://server.xfree.ne.jp/

プランベーシック
費用770円(36ヶ月契約の場合)
990円(3ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間10日間
vCPU/メモリ6コア/8GB
ストレージ300GB
データベース無制限

シン・レンタルサーバーはエックスサーバー株式会社が運営している「もうひとつエックスサーバー」で、超高速WordPress実行環境「KUSANAGI」を提供するプライム・ストラテジー社との技術提携で得られた高速化技術を惜しみなく投入しているレンタルサーバーです。

また、Xアクセラレータ ver.2による高速化技術によりキャッシュをしない状態でもPHPが最大20倍、WordPressは最大10倍高速に動作します

「エックスサーバー」が社内で徹底的に検証され尽くした枯れた技術を使っているのに対して、「シン・レンタルサーバー」は積極的に最新技術を投入しています。そのため、万が一に備えて「シン・レンタルサーバー」は「エックスサーバー」よりも強固なリソース保証を提供しています。

サーバー構成は基本的に「シン・レンタルサーバー」と「エックスサーバー」で同じですが、若干「シン・レンタルサーバー」の方が割り当てられているCPUやメモリーサイズが大きくなっており、エックスサーバーよりも確実に高速に動作します。

安定性を求めるならばエックスサーバー、安定性よりも速度を求めるならばシン・レンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。

» シン・レンタルサーバーを10日間無料体験する

シン・レンタルサーバーのおすすめポイント
  • 10日間分保存の無料体験期間
  • ハイスペックなサーバー性能
  • Xアクセラレータ ver.2による高速化技術
  • リソース保証による安定動作
  • 14日間の自動バックアップ機能

9位【月額990円~】mixhost

【公式サイト】https://mixhost.jp/

プランスタンダード
費用990円(36ヶ月契約の場合)
1,760円(3ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間30日間返金保証
vCPU/メモリ6コア/8GB
ストレージ300GB
データベース無制限

mixhostもエックスサーバーに負けないくらいハイスペックなサーバーを投入しています。WordPress高速化技術も取り入れているため、WordPressで構築されたWEBサイトが高速に動作します。

14日間分のデータを自動的にバックアップしているので、万が一のデータ消失でも簡単に復元できます。

mixhostはアダルトサイトにも対応している数少ないレンタルサーバーのひとつです。アダルトサイトに対応しているレンタルサーバーの中ではトップクラスのサーバー性能を誇りますから、アダルトサイトの運営を考えている方にもおすすめできるレンタルサーバーです。

アダルトサイト対応としてはカラフルボックス(ColorfulBox)がmixhost同様に高性能なサーバーを提供していますが、mixhostの方が価格が安くなっています。その代わりサポートの手厚さではカラフルボックス(ColorfulBox)の方が優れています。

» milxhostを30日間無料体験する

mixhostのおすすめポイント
  • 初期費用無料
  • 30日間の返金保証制度
  • ハイスペックなサーバー性能
  • WordPress高速化技術
  • アダルトサイト対応
  • 表示速度満足度No.1
  • 14日間の自動バックアップ機能

10位【月額1,320円~】Wpx Speed

【公式サイト】https://www.wpx.ne.jp/

プランW1
費用1,320円(月額上限)
2.2円(1時間)
初期費用0円
無料お試し期間なし
vCPU/メモリ2コア/2GB
ストレージ200GB
データベース無制限

wpX SpeedWordPressに特化した”クラウド版”エックスサーバーともいうべきサービスで、エックスサーバーで培ったWordPress運用実績を基にWordPress専用にチューニングしたサーバーを提供しています。

エックスサーバーとの違いは「オートスケール」による急激なアクセス増加に自動対応する機能です。「オートスケール」機能はCPU使用率やメモリー使用率、ディスク使用率に閾値をあらかじめ設定しておき、閾値を超えた際に自動的にプランを上げてリソース不足に対応させる機能です。

wpX SpeedはWordPressに特化しているので、WordPressでアクセススの多いWEBサイトを運営予定であればおすすめできるサービスです。

また、1時間単位での請求となるため特定の時間だけ稼働させたいという要望にも最適なレンタルサーバーです。

» Wpx SpeedでWEBサイトを公開する

Wpx Speedのおすすめポイント
  • WordPressの表示速度は国内No.1
  • WordPressに特化した高速クラウド型レンタルサーバー
  • 急なアクセス増加に対応する「オートスケール」機能
  • Xアクセラレータ ver.2による高速化技術
  • リソース保証による安定動作
  • 7日間の自動バックアップ機能

初心者におすすめのレンタルサーバー2選

初めてブログやホームページを立ち上げる方におすすめなのは、人気の高い次のふたつのレンタルサーバーです。

初心者の方に人気のレンタルサーバー

このふたつのレンタルサーバーは、どちらも昔からあるレンタルサーバーなので信頼性が高くしかも価格も安いので利用者が多いです。格安のプランを提供していることから初心者向けを意識していることは間違いありません。

サポート体制もメールだけでなく電話やチャットに対応しているので、これからブログを始めたいという方であればロリポップ!さくらのレンタルサーバを選べば後悔しないでしょう。

【月額220円~】ロリポップ!

【公式サイト】https://lolipop.jp/

プランライト
費用220円(36ヶ月契約の場合)
440円(1ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間10日間
vCPU/メモリ非公開
ストレージ200GB
データベース1個

初めてワードプレスで自分だけのブログを公開する方に大変人気なのがロリポップ!です。

ロリポップ!は価格が手頃で使いやすいため初めてレンタルサーバーを利用する方に多く利用されています。人気も高いのでネットで検索すればロリポップ!の使い方で迷う事はないでしょう。

気になるワードプレスの利用ですが、ワードプレスの簡単インストール機能があるので、初心者の方でも簡単にワードプレスをインストールして使い始める事ができます。

注意点として、一番安いプランの「エコノミー」はデータベースの利用ができないのでワードプレスは使えません。ワードプレスでブログを作成する場合は「ライト」かそれ以上のプランを選択する必要があります。

チャットと電話によるサポートがあるので、うまくWEBサイトやブログを立ち上げられない場合でもつまずく事はないでしょう。

» ロリポップ!を10日間無料体験する

ロリポップ!のおすすめポイント
  • 10日間の無料お試し期間
  • WordPress高速化技術
  • 初心者から上級者・業務利用まで対応
  • WordPress利用満足度No.1 ※日本マーケティングリサーチ機構調べ

【月額425円~】さくらのレンタルサーバ

【公式サイト】https://rs.sakura.ad.jp/

プランスタンダード
費用425円(36ヶ月契約の場合)
524円(1ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間2週間
vCPU/メモリ非公開
ストレージ300GB
データベース50個

さくらのレンタルサーバは初心者の方からベテランの方まで幅広く利用されている老舗のレンタルサーバーです。

レンタルサーバーとしてはインターネット黎明期からサービスを提供していて信頼性は抜群です。ロリポップ!よりも価格は高いのですが、その分だけサーバー性能は上です。

気になるワードプレスの利用ですが、ワードプレスの簡単インストール機能があるので、初心者の方でも簡単にワードプレスをインストールして使い始める事ができます。

注意点として、一番安いプランの「ライト」はデータベースの利用ができないのでワードプレスは使えません。ワードプレスでブログを作成する場合は「スタンダード」かそれ以上のプランを選択する必要があります。

サポート体制はレンタルサーバーの中でも最も手厚いのでおすすめです。現在電話サポートが休止中ですが、24時間365日利用できるコールバック予約があるので電話サポートとして代用できます。チャットサポートはもちろん使えますので安心してください。

コールバック予約とは、希望する日時にサポートスタッフから電話連絡してもらうサービスです。

» さくらのレンタルサーバを無料体験する

さくらのレンタルサーバのおすすめポイント
  • 2週間の無料お試し期間
  • 最低利用期間なし
  • さくらインターネットが運営する安心感
  • ハイスペックなサーバー性能
  • WordPress高速化技術
  • 初心者から上級者・業務利用まで対応

アダルトサイトに対応したおすすめレンタルサーバー3選

もしもアダルトサイトを運営しようとしている場合は注意してください。というのも、アダルトサイトに対応していないレンタルサーバーで規約違反をするとアカウントを削除されるためです。

そのため、アダルトサイトの運営を検討している方はアダルトサイトに対応したレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

アダルトサイトに対応したレンタルサーバーはいくつかありますが、サーバースペックやサポート面を考慮すると以下の3つの中から選択すると安心してサイト運営できるのでおすすめです。

アダルトサイトに対応したレンタルサーバー

mixhost

【公式サイト】https://mixhost.jp/

プランスタンダード
費用990円(36ヶ月契約の場合)
1,760円(3ヶ月契約の場合)
初期費用0円
無料お試し期間30日間返金保証
vCPU/メモリ6コア/8GB
ストレージ300GB
データベース無制限

アダルサイト対応レンタルサーバーのレンタルサーバーで最もおすすめなのはmixhostです。

mixhostは高性能なサーバーと自動バックアップ機能によるデータ保護、WordPressの高速化技術などWEBサイトを運営する上で必要な要素がすべて備わっています。

初期費用無料で30日間の返金保証もあるため、試しに使ってみて自分に合っていないと思えば解約して返金を受けることができます。

mixhostは人気レンタルサーバー上位のレンタルサーバーで表示速度満足度でもNo.1の評価を得ているので安心して利用できるサービスでしょう。

» milxhostを30日間無料体験する

カラフルボックス(ColorfulBox)

【公式サイト】https://www.colorfulbox.jp/

プランBOX1
費用528円(36ヶ月契約)
792円(1ヶ月契約)
初期費用0円 ※3ヶ月契約以上
無料お試し期間30日間
vCPU/メモリ1コア/2GB
ストレージ150GB
データベース無制限

カラフルボックス(ColorfulBox)は高性能なサーバーと自動バックアップ機能によるデータ保護、高速WEBサーバー「LiteSpeed」を採用し高速化するなどWEBサイトを運営する上で必要な要素がすべて備わっています。

初期費用は3ヶ月以上の契約にすると無料になります。また30日間の無料期間があるので、使ってみて違うなと思ったら即解約できます。

mixhostよりも価格は高いのですが、24時間体制のサポートを利用できるためサポート体制を重視する方はmixhostよりもカラフルボックスがおすすめです。

» カラフルボックスを30日間無料体験する

JETBOY

【公式サイト】https://www.jetboy.jp/

プランミニ
費用550円(12ヶ月契約)
748円(1ヶ月契約)
初期費用550円 ※3ヶ月契約以上
無料お試し期間14日間
vCPU/メモリ2コア/4GB
ストレージ100GB
データベース3個

JETBOYはmixhostやカラフルボックス(ColorfulBox)よりも安く利用できる点が魅力です。価格が低くてもサーバー性能は十分高いので、その点は安心して利用できます。

ただしバックアップは過去の分が保存されないため、毎日自分でバックアップファイルをダウンロードする必要があります。また、JETBOYでドメインを買う事ができないのでドメインはお名前.comなど別のサービスで購入し管理しなくてはいけません。

すべて自分でできる、という方はmixhostやカラフルボックス(ColorfulBox)よりも安く利用できるJETBOYがおすすめです。

» JETBOYを14日間無料体験する

レンタルサーバーは実に多くのサービスがあり、ネットの口コミが良いだとか安いといった理由で選んでしまうと失敗することがあります。レンタルサーバーを選ぶ場合は、どのような目的で使うのか明確にして価格や機能などを総合的に比較して選ぶと失敗しないでしょう。

この記事ではレンタルサーバー利用歴20年以上の経験を生かして、失敗した!と後悔しないレンタルサーバー選びのコツを解説します。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーはWEBサイトやブログを公開するための場所を提供するサービスです。

レンタルサーバーにはいくつか種類があって、自分専用の場所を借りる「専用サーバー」やルームシェアのように皆で場所を共有する「共有サーバー」があります。

この記事では「共有サーバー」をご紹介しています。共有サーバーは複数の利用者がサーバーを共有するため高性能なサーバーを安価に利用できるというメリットがあり、WEBサイトやブログを立ち上げる際に一般的なサービスです。

レンタルサーバーの選び方

冒頭でもお話したとおり、レンタルサーバーを選ぶ上で重要なのは表面的なサーバースペックやページの表示速度ではありません。大事なのは次の3点です。

  1. 費用
  2. 機能
  3. サポート体制
  4. 無料のお試し期間

費用は無理なくブログやホームページを運営する上で最も重要な要素です。レンタルサーバーには格安のものから高額なものまで多々ありますが、目的に合った価格帯のレンタルサーバーを選ばないと必ず後悔します。

機能も重要です。無料SSLは大抵のレンタルサーバーが対応しているので問題ないのですが、データベースの数はWordPressの運用に関わってきますし、収益化を狙うサイトであればバックアップ機能はとても重要です。

サポート体制は初心者の方がスムーズにブログやホームページを立ち上げるのに頼もしい味方となりますし、収益化を狙うサイトはトラブル時は収益に直結するため迅速なトラブル解決のためにもサポート体制のチェックがとても重要です。

ここからは、レンタルサーバーを選ぶ上で重要な要素について詳しく解説していきます。

費用で選ぶ

費用で選ぶ場合、どのような目的でレンタルサーバーを使うのか?それによって価格帯が決まります。

個人の趣味やお店のホームページならば200円~500円で十分

個人の趣味のサイトやお店のホームページなど頻繁に更新されないホームページならば一番安い価格帯のレンタルサーバーで十分ですし、お財布の負担も少ないので無理なく運用できます。

WordPressでホームページを作成したい場合さくらのレンタルサーバのスタンダードプラン(425円~)やロリポップ!のライトプラン(220円~)がお財布の負担が低くおすすめです。

» さくらのレンタルサーバを2週間無料で体験する

WordPressは使わずHTMLやCSSだけのホームページを作成する場合はロリポップ!エコノミープランが月額99円という超格安で利用できます

» ロリポップ!を10日間無料で体験する

アフィリエイトなど収益化を目指すならば月額1000円前後が目安

アフィリエイトなど収益化を目指す場合は中~高価格帯のレンタルサーバーがおすすめです。

中価格帯以上であればストレージサイズが大きくデータ転送量の制限に引っかかる事もありません。バックアップなど信頼性に関わる機能も備えている事が多いのが中価格帯の特徴です。

中価格帯の中でも一般的な月額1000円くらいのレンタルサーバーであれば月間数十万pvに耐えられるので、収益化を目指す場合の目安にしてください。

収益化目的でWEBサイトやブログを立ち上げる場合、多くの有名アフィリエイトサイトで採用されているエックスサーバーが実績が多くおすすめです。

» エックスサーバーを10日間無料で体験する

アフィリエイト初心者の方など収益化できるまで時間がかかる可能性があり、それまでの運用費用を抑えたい場合は500円ほどのレンタルサーバーでも十分運用できます。最初は安いプランで運用して、収益化に成功して軌道に乗ったタイミングで上位プランに乗り換えるという手もあります。

そのような場合はさくらのレンタルサーバが月額425円から利用できるのでおすすめです。さくらのレンタルサーバであれば最大手で利用者も多いので初心者の方でも安心して利用できます。

» さくらのレンタルサーバを2週間無料で体験する

機能で選ぶ

レンタルサーバーは会社によって提供しているサービスが異なります。ブログやホームページを立ち上げる前にチェックしておきたい機能を目的別に解説します。

WordPressを使う場合はデータベースの有無が重要

WordPressはデータベースと連携して動くプログラムです。データベースの知識はなくても良いのですが、レンタルサーバーでデータベースが使えない場合はWordPressを利用できないので注意してください。

有名なレンタルサーバーですと、次のプランがWordPressを利用できません。

WordPressを使えないプラン

  • ロリポップ!のエコノミープラン
  • さくらのレンタルサーバのライトプラン

ロリポップ!であればライトプラン、さくらのレンタルサーバであればスタンダードプラン以上ならばWordPressを使えます。

» ロリポップ!を10日間無料で体験する

WordPressを使う場合は簡単インストールがおすすめ

以前はWordPressを利用するには手動でインストールする必要があったのですが、ある程度専門知識が必要ですし時間もかかります。ですから、レンタルサーバー会社がWordPressの簡単インストール機能を提供している方が良いでしょう。

今は幸いなことにレンタルサーバー各社がWordPress簡単インストール機能を提供しています。

WordPress簡単インストール機能がない、という事はほぼないと思いますがあまり有名でないレンタルサーバーを使う場合は事前にチェックした方が良いでしょう。

収益化を狙う場合はバックアップ機能の有無をチェックしよう

個人の趣味のホームページならば万が一データが消えてしまってもガッカリするだけで済みますが、収益化しているWEBサイトやブログのデータを失うと収入を失う事になるのでダメージが相当大きくなります。

ぼくも間違ってデータベースを消してしまった経験があり、バックアップは絶対必要なものだと痛感しています。

データを失いたくないWEBサイトやブログを運営する場合は自動バックアップができるレンタルサーバーを選びましょう。できれば無料でバックアップできると良いですね。

レンタルサーバー会社費用バックアップ詳細
ロリポップ!月額330円7世代バックアップ(エンタープライズは無料)
minipop無料毎日バックアップ
さくらのレンタルサーバ無料スタンダード以上のプランで最大8世代
カラフルボックス無料自動バックアップ・手動バックアップ
JETBOY無料手動バックアップ
ConoHa WING無料毎日自動バックアップ(14日分)
エックスサーバー無料毎日自動バックアップ(14日分)
シン・レンタルサーバー無料毎日自動バックアップ(14日分)
mixhost無料毎日自動バックアップ(14日分)
wpX Speed無料毎日自動バックアップ(7日分)
バックアップ対応状況

ロリポップ!のみバックアップ費用が有料(エンタープライズは無料)なので注意が必要です。

また、カラフルボックスは他のレンタルサーバー比較して多彩なバックアップ方法を選択できます。自由度も高いのでカラフルボックスのバックアップは優秀です。

バックアップ方法バックアップ対象期間
週1回+月1回・1~7日前のバックアップ
・8~37日前のバックアップ
毎日+週1回+月1回・2~8日前のバックアップ
・9~38日前のバックアップ
毎日過去30日間分
毎日n回+n週に1回+毎月n回保持した回数分だけ
カラフルボックスのバックアップ

無料のSSLに対応していること

Google検索で上位にランキングされるためにはSSL化は必須です。以前は高いお金を支払ってSSL証明書を購入する必要がありましたが、現在は無料でSSL証明書を発行できます。

SSL化をするとURLが https://~ になります

大抵のレンタルサーバー会社は無料のSSL証明書に対応しているので、その点は気にしなくて大丈夫です。

ただしWEBサイトやブログを手動でSSL化する必要がある場合、証明書の更新漏れが発生する場合があるので全自動でSSL化して更新もできるレンタルサーバーがおすすめです。

レンタルサーバー会社証明書費用
ロリポップ!無料
minipop年間1,200円~(3年更新)
さくらのレンタルサーバ無料
カラフルボックス無料
JETBOY無料
ConoHa WING無料
エックスサーバー無料
シン・レンタルサーバー無料
mixhost無料
wpX Speed無料
SSL証明書対応状況

minipopのみSSL証明書が有料ですが、それ以外のレンタルサーバー会社は無料でSSL証明書を発行できます。minipopの利用を検討している方はご注意ください。

サポート体制で選ぶ

初めてWEBサイトやブログを立ち上げる方はチャットや電話でサポートを受けられるレンタルサーバーがおすすめです。

ちょっとした事でWEBサイトがうまく表示されなくなったりWordPressが動かなくなったりするので、慣れないうちは自分で解決するよりもサポートに頼った方が確実ですし安全です。

特に収益化を検討している方は迅速な応答を期待できる電話やチャットサポートが重要です。

初心者の方はネット記事などを参考にして間違った対処をしてしまい状況を更に悪化させてしまう事もありますから、サポートの充実したレンタルサーバーを選びましょう。

レンタルサーバー会社サポート体制
ロリポップ!メール:対応
チャット:平日: 9:30〜13:00 14:00〜17:30
電話:平日:10:00〜18:00
minipopメール
さくらのレンタルサーバメール:対応
チャット:24時間365日
コールバック予約:24時間365日

電話:休止中
カラフルボックスメール:対応
チャット:平日: 9:30〜12:00 13:00〜17:30
LINE:平日: 9:30〜12:00 13:00〜17:30
JETBOYメール:対応
ConoHa WINGメール:平日 10:00〜18:00
電話:平日:10:00〜18:00
エックスサーバーメール:対応
チャット:平日: 10:00〜18:00
電話:平日: 10:00〜18:00
シン・レンタルサーバーメール:対応
電話:平日: 10:00〜18:00
mixhostメール:平日: 10:00〜18:00
wpX Speedメール:対応
電話:平日: 10:00〜18:00
サポート体制の比較

この中ではさくらのレンタルサーバが一番サポート体制が優れていると言えます。さくらのレンタルサーバの電話サポートは休止中ですが、コールバック予約を使えば電話でのサポートを受けられるので問題ないでしょう。

» さくらのレンタルサーバを2週間無料で体験する

無料お試し期間で選ぶ

レンタルサーバーは長く使うものなので最初が肝心です。まずは無料お試し期間中にダッシュボードの使いやすさだとかサポートの使いやすさをご自身でチェックしてみる事をおすすめします。

ダッシュボードの使い勝手は各社でまったく異なるので使いづらく自分には合わないと感じたら別のレンタルサーバー会社に変えた方が良い場合があります。サポートについても、自分が期待したようなサポートを受けられず不満を感じたら別のレンタルサーバー会社に変える事も検討するべきです。

やはり口コミと実際に使ってみた感想は異なる事が多いので、ぜひ無料お試し期間をうまく使って自分に合ったレンタルサーバーを見つけてください。

レンタルサーバー会社無料お試し期間
ロリポップ!10日間
minipop10日間
さくらのレンタルサーバ2週間
カラフルボックス30日間
JETBOY2週間
ConoHa WINGなし
エックスサーバー10日間
シン・レンタルサーバー10日間
mixhost10日間
wpX Speedなし
サポート体制の比較

無料お試し期間を用意していないのはConHa WINGとwpX Speedのふたつで、それ以外のレンタルサーバーは10日~30日間の無料お試し期間があります。

重要:サーバースペックやSSL対応はCloudflareで補える

レンタルサーバーを選ぶ上でサーバースペックはとても気になると思います。サーバーのスペックが高ければ応答速度が速くなったり大量のアクセスで負荷が上がっても耐えられるというメリットがあります。

しかし、その一方でサーバースペックにも限界があります。

そこでおすすめなのはCDNサービスの中でも有名で無料で利用できるCloudflareの利用です。Cloudflareを使うと次のようなメリットがあります。

  • Cloudflareエッジサーバーがキャッシュを返すので応答が高速
  • 大量のアクセスもエッジサーバーが応答するのでレンタルサーバーに負荷がかからない
  • CloudflareエッジサーバーがSSL通信に対応しているのでレンタルサーバー側のSSL対応が必須ではない

上記のメリットがあるため、サーバースペックの低いレンタルサーバーを選んだとしてもCloudflareを利用することでサーバースペックの高いレンタルサーバーよりも高速に応答します。

Cloudflareにはこのようなメリットがあるので、あまりサーバースペックにこだわらずサポート体制や価格など、長期に渡って快適に利用できるか否かを中心に検討するのも良いと思います。

まとめ

これから初めてWEBサイトやブログを立ち上げる予定の方は価格が手頃でサポートが充実しているロリポップ!さくらのレンタルサーバがおすすめです。どちらも無料期間があるので、実際に使ってみて使用感を確認できる点も嬉しいですね。

収益化を目的にしている方はアフィリエイトサイトなどで実績のあるエックスサーバーがおすすめです。使いやすくサポートも充実しているので、トラブル発生時もチャットや電話で迅速にトラブルを解決できます。自動バックアップもあるので安心ですね。

アダルトサイトを運営したい場合は選択肢が限られますが、ご紹介したmixhostカラフルボックスJETBOYが採用実績も多くおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)